イメージ

イメージ

お知らせ

ホーム > 病院概要・リクルート > お知らせ > 当院の院長 大澤勲医師が毎日新聞の記事「患者支援アプリ続々」にHAEに詳しい医師として取材協力しました。

当院の院長 大澤勲医師が毎日新聞の記事「患者支援アプリ続々」にHAEに詳しい医師として取材協力しました。

  • メディア・広報
  • 2018年06月06日掲載
    当院の院長 大澤 勲医師が、2018年(平成30)6月6日 毎日新聞の記事「患者支援アプリ続々」にHAEに詳しい医師として取材協力致しました。

    記事は下記よりダウンロードできます。

     遺伝性血管性浮腫(HAE)は、指定難病とされる希少疾患で、特効薬があるにも関わらず、認知度が低いゆえに多くの患者様が悩まれています。発作的に繰り返すむくみは、10~20代の発症が多く、放置しても2~3日で消えてしまいます。しかし、激烈な腹痛や呼吸困難を生じる場合もあります。日本におけるHAEの治療は、長年欧米に遅れを取ってきましたが、最近では「HAE情報センター」、「NPO法人HAEジャパン」など、さまざまな啓発活動が増えつつあります。院長を務める大澤勲医師は、日本のHAE治療の第一人者の一人。当院においても「HAE専門外来」を開設し診療にあたり、日本のHAE患者の現状を明らかにした論文は、スペインにおける「欧州アレルギー・臨床免疫学会議2015」でポスター賞を獲得しました。

    受付時間

    月~金曜日
    8:00~11:45 / 12:00~17:15
    土曜日
    8:00~11:45 / 午後は休診

    ※初診及び予約の無い方
    月~金曜日
    9:30~11:30/14:30~16:00
    土曜日
    9:30~11:30

    脳ドック検査実施日時
    水曜日 9時~12時(祝日を除く)

    内科予約相談オンラインサービス

    診療時間

    月~金曜日
    9:00~12:00 / 14:30~17:30

    土曜日
    9:00~12:00 / 午後は休診

    ※診療科により受付時間、診療時間が異なります。
    (詳しくは外来担当医表をご確認ください)

    休診日

    日曜・祝祭日・年末年始
    その他 特診日

    • 専門検査設備で予防医療 腎・透析内科
    • 地域最大級規模の透析室を完備 血液透析外来
    • 様々なアクセストラブルに対応 バスキュラーアクセスセンター
    • 女性カウンセラーが対応 女性のための心理カウンセリング
    • 糖尿病内科
    • 形成外科
    • HAE専門外来
    • Fabry病専門外来
    • ADPKD専門外来
    • 人間ドック
    • 明るく元気なスタッフを募集中 職員募集
    • 説明会 見学会 随時開催中!! 看護師募集 来てね