イメージ

イメージ

患者様の権利

ホーム > 病院概要・リクルート > 患者様の権利

イメージ

埼友草加病院では、医療の中心は患者様であることを認識し、患者様と病院、それぞれの立場をお互いによく理解し、協力して良い医療を目指したいと願っております。そして、すべての患者さまには、良質で適切な医療を受ける権利があります。十分に理解していただくよう下記事項に努め、最善の治療を行えるよう日々努力しています。

当院では

  • 十分な説明を行い、医療を提供します。
  • 診療情報の開示に協力します。
  • セカンド・オピニオン(主治医以外の医師に意見を聞くこと)に協力します。

宗教上の理由による輸血拒否に対する対応についての基本指針

医療法人 埼友会

当法人では、患者様の救命治療を最優先と考え、相対的無輸血治療(できる限り無輸血治療に努力しますが、「輸血以外に救命手段がない」事態に至った場合は輸血を行う治療)を実施します。宗教上の理由等により輸血を拒否される患者様に対しては、以下の指針に従って対応いたします。

  • 宗教上の理由などにより輸血等(*1)を拒む信念は、人格権を構成する信教の事 由に基づく権利と考え、尊重します。
  • 危機的な病態や生命を救うために輸血が必要である場合には、患者様およびその家族の皆様に対して、輸血の必要性と輸血の副作用、また輸血を行わない場合の危険性および治療法(当該治療法の利点と欠点)を十分に説明し、輸血についての同意を得られるように努めます。
  • 医療者による説明にかかわらず、輸血に同意が得られない場合は、「輸血謝絶と免責に関する証書」を提出していただきます。
  • あらかじめ輸血が避けられないと判断されるにもかかわらず、輸血の同意が得られない場合は当法人での治療は困難です。他の医療施設を選択していただくようお願い致します。
  • 当法人は「いかなる場合でも輸血をしない」という「絶対的無輸血」には同意しません。
  • 大量出血等で輸血が必要な場合であるにもかかわらず、本人の意思が確認できない場合、未成年者、意識のない場合などで、救命のために医学的に輸血が必要であると医師が判断した場合は、医師の良心に基づき、患者様および家族の皆様の同意が得られずとも輸血を行います。

輸血等:全血、赤血球、白血球、血小板、血漿、自己血、血漿分画製剤(アルブミン、免疫グロブリン、凝固因子製剤など)、遺伝子組み換え製剤(G-CSF、エリスロポエチンなど)など

以 上

受付時間

月~金曜日
8:00~11:45 / 12:00~17:15
土曜日
8:00~11:45 / 午後は休診

一般総合内科(予約の無い方)
月~金曜日
9:30~11:30/14:30~16:30
土曜日
9:30~11:30

脳ドック検査実施日時
水曜日 9時~12時(祝日を除く)

内科予約相談オンラインサービス

診療時間

月~金曜日
9:00~12:00 / 14:30~17:30

土曜日
9:00~12:00 / 午後は休診

※診療科により受付時間、診療時間が異なります。
(詳しくは外来担当医表をご確認ください)

休診日

日曜・祝祭日・年末年始
その他 特診日

  • 専門検査設備で予防医療 腎・透析内科
  • 地域最大級規模の透析室を完備 血液透析外来
  • 様々なアクセストラブルに対応 バスキュラーアクセスセンター
  • 女性カウンセラーが対応 女性のための心理カウンセリング
  • 糖尿病内科
  • 形成外科
  • HAE専門外来
  • Fabry病専門外来
  • ADPKD専門外来
  • 人間ドック
  • 明るく元気なスタッフを募集中 職員募集
  • 説明会 見学会 随時開催中!! 看護師募集 来てね