イメージ

イメージ

スペシャルドック

ホーム > 医療サービス案内 > 健康診断・ドックのご案内 (スペシャルドック)

スペシャルドック

  • 大きいな写真で見る

当院で最も内容を充実させたコースです。がん、甲状腺、動脈硬化健診も網羅されています。
全身をしっかりとチェックされたい方におすすめのコースです。

こんな方に検査をおすすめします

  • 大きいな写真で見る

検査内容と料金

  • 大きいな写真で見る

写真

  • 大きいな写真で見るCT
    CT
  • 大きいな写真で見るエコー
    エコー
  • 大きいな写真で見るX線一般撮影
    X線一般撮影

さいゆうヘルスケアドック

    腎機能検査

      腎臓は糸球体で血液をこし出して尿へ老廃物を捨て、体内を清浄に保つ「濾過器」のような臓器です。腎臓の機能は、「老廃物を濾過する力」で評価しますが、それを直接測定することは簡単でないため、血液検査や尿検査など様々な評価方法を用います。

      糖尿検査

        血液中のブドウ糖は多過ぎると尿に排泄されますから、尿を検査することで血糖の状態を間接的に知ることができます。 ブドウ糖は体にとって大切な栄養分ですから、健康な人の場合、尿に糖があらわれることはありません。しかし、糖尿病になると血液中に使われずにいるブドウ糖が多くなり、その分が尿糖として排泄されます。

        尿酸検査

          尿酸は、体や動物性食品の細胞の中の核にあるプリンという物質が、壊れてできるものです。尿酸が体の中で多く作られたり、尿から排泄が少なくなると、血液中の尿酸が高くなります。尿酸が高くなると、関節に沈着して炎症を起こし、痛風発作(通常、足の親指の付け根の関節に激痛と発赤)がみられ、腎臓に徐々に沈着して腎障害を起こします。

          がんドック

          • 大きいな写真で見る

          胸腹部CT

            CT検査は、身体を5~10mmの間隔で輪切りにして、その切断面を観察します。 現在、画像の精度は非常に高く、小さな病変でも見つけることが可能です。

            腹部超音波

              主として腹部の肝臓・胆嚢・膵臓・腎臓・脾臓などの臓器を観察する検査です。ゼリーを皮膚に塗り、体にプローブと呼ばれるものを当てて検査をします。

              便潜血

                大腸がんの検診として、便の中に血液が混ざっていないか調べます。

                腫瘍マーカー

                  がんには多くの種類がありますが、中には腫瘍マーカーと呼ばれる、そのがんに特徴的な物質を産生するものがあります。そのような物質のうち、体液中(主として血液中)で測定可能なものが、いわゆる「腫瘍マーカー」として臨床検査の場で使われています。

                  甲状腺ドック

                  • 大きいな写真で見る

                  甲状腺超音波(甲状腺エコー)

                    超音波で甲状腺の大きさ、しこりの存在の有無とその性状、リンパ節の腫大の有無などが分かります。レントゲンと異なり被爆せず、ゼリーを塗った探触子を体表で滑らすだけなので、痛み等を伴うこともありません。

                    ホルモン検査

                      甲状腺ホルモンは分泌されると、そのほとんどはタンパク質と結合して血液中を流れています。また、極微量ですがタンパク質と結合していない遊離型(Free)のホルモンも流れています。そして、最終的に臓器に作用するのは遊離型のホルモンです。遊離型ホルモンであるFT3やFT4を測定することで、甲状腺ホルモンの過不足を正確に知ることができます。

                      動脈硬化ドック

                      • 大きいな写真で見る

                      頸動脈超音波(頸動脈エコー)

                        超音波を利用して、血管の動脈硬化や狭窄、閉塞などを検査します。頸部に検査用のゼリーを塗布し、超音波を発する器具を当てるだけで、動脈の状態を検査することができます。

                        脈波図(ABI)

                          ABI検査(足関節上腕血圧比)は足首と上腕の血圧を測定し、その比率(足首収縮期血圧÷上腕収縮期血圧)を計算したものです。動脈の内膜にコレステロールを主成分とする脂質が沈着して内膜が厚くなり、粥状硬化ができて血管の内腔が狭くなる「アテローム動脈硬化」の進行程度、血管の狭窄や閉塞などを検査できます。

                          検査項目

                            問診・身体測定検体検査生理検査・画像結果

                            検査項目

                              問診問診
                              身体計測身長
                              体重
                              標準体重
                              BMI
                              腹囲
                              聴力オージオ1000 左右
                              オージオ4000 左右
                              視力視力 左右
                              血圧2回 最高・最低
                              基本項目総蛋白(TP)
                              Alb
                              尿素窒素(UN)
                              Na、Cl
                              総ビリルビン
                              貧血総血球数
                              血色素量
                              血清鉄
                              TIBC
                              フェリチン
                              肝機能AST(GOT)
                              ALT(GPT)
                              γ-GTP
                              血中脂質HDLコレステロール
                              LDLコレステロール
                              中性脂肪
                              血糖空腹時血糖値
                              HbA1c(NGSP)
                              尿酸尿酸UA
                              尿尿糖
                              尿蛋白
                              尿・腎機能血清クレアチニン
                              シスタチンC
                              尿中微量アルブミン
                              胸部胸部X線
                              心電図心電図
                              便便潜血 1回目/2回目
                              CT検査胸腹部CT
                              腹部腹部超音波
                              がんCEA
                              AFP
                              PIVKAⅡ
                              CA19-9
                              PSA(※男性のみ)
                              CA125(※女性のみ)
                              甲状腺機能甲状腺超音波
                              TSH
                              FT3
                              FT4
                              動脈硬化頸動脈超音波
                              脈波図 ABI
                              結果報告結果報告書の郵送

                              検査オプション

                                オプション検査は、ご希望により追加できる検査です。
                                基本コースお申し込みの際に、合わせてご依頼ください。

                                感染症HBs抗原B型肝炎ウイルス検査1,900円
                                HCV抗体C型肝炎ウイルス検査
                                梅毒血清反応定性(STS)梅毒感染検査
                                心臓心臓超音波主に虚血性心疾患や弁膜症など9,500円
                                骨密度骨粗相症検査実年齢に対する骨年齢がわかります1,200円

                                お問合わせから受診までの流れ

                                  1.ご予約

                                  電話でご予約・お申し込みください。
                                  048-944-6111
                                  月〜金曜日 9:00〜17:00 / 土曜日 9:00〜12:00 ※日曜・祝祭日を除く

                                  • 大きいな写真で見る

                                  2.検査の準備

                                  検査は毎週土曜日 9:00〜12:00 祝祭日を除く
                                  検査日が決定後に問診票を郵送いたします。
                                  必要事項を記入したものを検査当日にお持ちください。

                                  • 大きいな写真で見る

                                  3.検査当日

                                  検査日の指定時間に「総合受付」へお越しください
                                  問診、身長、体重測定、心電図などの検査を含み、所要時間は2時間程度です。検査費用は現金にてお支払いください。

                                  お持ちいただくもの
                                  •問診票 できるだけ詳細にご記入ください。
                                  •成人病健康診断(1年以内のもの)や、他院で人間ドックを受けたことがある方は、その検査結果をお持ちください。

                                  服装・貴重品
                                  コースによって変わりますので、お問い合わせください。

                                  • 大きいな写真で見る

                                  4.検査の結果

                                  説明した内容は報告書として、約1ヶ月後に郵送させていただきます。
                                  後日来院いただき、医師から検査結果の説明をさせていただくことも出来ます。(※有償オプション)

                                  • 大きいな写真で見る

                                  受付時間

                                  月~金曜日
                                  8:00~11:45 / 12:00~17:15

                                  土曜日
                                  8:00~11:45 / 午後は休診

                                  人間ドック検査実施日時
                                  土曜日 9時~12時(祝日を除く)

                                  脳ドック検査実施日時
                                  水曜日 9時~12時(祝日を除く)

                                  診療時間

                                  月~金曜日
                                  9:00~12:00 / 14:30~17:30

                                  土曜日
                                  9:00~12:00 / 午後は休診

                                  ※診療科により受付時間、診療時間が異なります。
                                  (詳しくは外来担当医表をご確認ください)

                                  休診日

                                  日曜・祝祭日・年末年始
                                  その他 特診日

                                  • 専門検査設備で予防医療 腎・透析内科
                                  • 地域最大級規模の透析室を完備 血液透析外来
                                  • 様々なアクセストラブルに対応 バスキュラーアクセスセンター
                                  • 脳神経外科
                                  • HAE専門外来
                                  • Fabry病専門外来
                                  • ADPKD専門外来
                                  • 人間ドック
                                  • もの忘れ外来
                                  • 明るく元気なスタッフを募集中 職員募集
                                  • 説明会 見学会 随時開催中!! 看護師募集 来てね